ついに日本でも解禁されたオンラインカジノ、新型コロナウィルスの影響で、おうち時間が増えたこともあって人気継続中です。

日本にいながら海外のカジノで遊べる手軽さは、「ネットカジノ」とも言われ、老若男女問わず遊べるのが魅力ですよね。

でもその反面、カジノというだけあって違法性に関連して、入出金の不安定さも問題視されているんです。

ネット上での取引なので、競馬やパチンコのようにその場で換金できるわけではないですし、いくつかの方法があってそれぞれ特徴もさまざまです。

そんなオンラインカジノの入出金は、しっかり特徴と注意点を捉えて、自分に合った方法を見つけましょう。

オンラインカジノはどんな流れ?

ネットで完結することもオンラインカジノの魅力ですが、ネット上の取引なだけあって全て自分で登録から入出金をする必要があります。

その仕組みは少し複雑ですが、1つ1つ正確にこなしていけば問題ありません。

①アカウントを登録

IDやパスワードを設定し、名前、住所、生年月日などの個人情報を入力します。

②入金をする

必ず事前に軍資金を入金します。色々な金融サービスがあるので自分に合った手段を選びましょう。

③ゲームをプレイ

いよいよゲームプレイですが、一度入金申請をした分は変更できないのでご注意を。

④残高を引き出す

入金分を使い切ったら引き出しが可能になります。個人キャッシャーで自分の使った額を把握できます。

入出金の方法は3つ!

ネットカジノの入出金方法はやはりネットで完結する、ネット上の金融サービスが基本になります。

その方法は3つありますが、この中で自分に合った決済方法を探して、ストレスなくオンラインカジノを楽しみましょう。

・クレジット

名前や番号を入力するだけで、簡単に入金手続きが完了して即日プレイが可能です。しかし出金は出来ないので注意が必要です。VISA、maste、JCBなどが対応していますが、おすすめはVISAで、ほとんどのオンラインカジノで使えるので持っておくと便利です。

・電子決済

オンライン上に口座を作りその中で管理をする電子決済は、そこだけで入出金が出来て管理をしやすいのが魅力です。エコペイズやアイウォレットが代表的です。一番人気な電子決済ですが、過去にはサービスが終了する事例もあったため注意が必要です。

・電信送金

クレジットがいらない面や、急にサービスが終了するリスクが少ないことが最大のメリットです。しかし海外とのやり取りに時間がかかるため、入出金の反映に数日かかってしまうことや、為替手数料が割高なことは把握しておきましょう。

違法を見抜く!オンラインカジノの注意点とは?

オンラインカジノでは、時に違法性の高いサービスが存在するのも事実です。

自分でその違法性に気づき、見極める力を持つことも重要です。

・税金がかかる!

オンラインカジノの勝利金によっては税金が発生します。引き出した報酬は銀行に振り込まれるため、税務署もそれを把握しています。トラブルにならないためにもしっかり納税しましょう。

・インターネットカジノは違法!

何らかの理由でライセンスを取得せずに運営するインターネットカジノ。日本でのカジノ運営はそもそも違法行為ですし、勝利しても報酬が不払いだったりと不正操作が疑われます。

・日本語対応だから絶対安心じゃない!

日本語対応だと安心安全で使いやすいと思いがちですが、実際に2009年には「お台場カジノ」が突然閉鎖し、報酬金も支払われないままになっています。そんな前例からも詐欺まがいのオンラインカジノも存在するので気を付けましょう。

まとめ

オンラインカジノの入出金方法は3つ

・クレジット(反映が早く、登録も簡単。VISAがおすすめ)

・電子決済(管理がしやすいが、サービス終了の危険性もある)

・電信送金(反映まで時間がかかる、為替手数料が高い)

そして、オンラインカジノでは、勝利金によっては税金がかかる場合もあります。

また、インターネットカジノは違法ですし、日本語対応のサイトには、違法性や詐欺まがいの「悪質オンラインカジノ」が潜んでいる可能性もあるのでご注意を。

あなたに合った入出金方法を知り、オンラインカジノを楽しみましょう!